納骨堂に関する情報をご紹介!

少子高齢化の流れの中で、お墓の後継問題などで個人でのお墓の維持管理が難しくなってきています。
そこで室内などに個人や家族ごとに遺骨を納める納骨堂を利用するケースが増えてきています。
運営は、寺院や公営民営様々な施設がありますが、主旨や宗派を問わないや交通の利便性の高い場所にあるためお参りがしやすい、また未来永劫にわたり供養してくれるなど様々利点があるため高齢者を中心に生前に申し込みを行う人もいるほどです。

納骨堂を利用する人の特徴

納骨堂を利用する人の特徴 まず納骨堂を利用しようとする人は、生前に考えていることが多いのが特徴です。
子供がいないので自分の遺骨は亡くなった後どうなるのか、また子供がいても遠方に住んでいるためお墓のことで子供に迷惑をかけたくない等という理由で納骨堂を利用することを考える人が多いです。
また、新たにお墓をつくるとなると場所や費用が高額になりますが、納骨堂であれば納骨費や管理費が比較的安く設定されていることが多いのも魅力です。
特に都会に住む人にとっては最適な納骨方法だといえます。
またお墓参りを屋内で快適に出来るというのも選ばれる理由です。
このように、費用や利便性など様々な面から納骨堂を利用する人が益々増えてくることは間違いないでしょう。

費用の安い納骨堂で有りがちな注意点!

費用の安い納骨堂で有りがちな注意点! 納骨堂を選ぶ際に、少しでも費用を安く抑えたい、と考えている人も多いのではないでしょうか。
しかし、金額が安いという点だけで決めてしまうと、管理や運営が適切ではなかったりして、後悔してしまう可能性もあります。
納骨堂を選ぶ際には、十分に気をつけておきましょう。
まず、費用が安い納骨堂に一番ありがちな注意点として、管理がずさんだという点が挙げられます。
見学へ行って、見た目はしっかりとした設備になっていても、普段の管理がずさんで管理者の目があまり行き届いていない可能性があります。
また、きちんと供養されないというケースもあります。お寺の住職がいないため、しっかりと拝んでくれないという可能性があるので、注意しておきましょう。
そのため、誰がどのくらいの頻度で供養しているか、供養の方法はどのようなものかなどを、選ぶ際にしっかり聞いて確かめておくと良いです。
また、格安で利用できる納骨堂は、後から追加料金を請求されることがあります。初期費用は少なくても、後からオプション料金を請求されたり、年間の管理費をずっと払い続けなければならないといったところがあるので、料金の詳細については詳しく見ておくことが必要となってきます。
そのため、入る時に安いからといって決めてしまうのではなく、後々のことを考えておくと良いでしょう。

納骨堂に関する情報リンク

バリアフリーの屋内納骨堂のサイト

納骨堂 大阪

新着情報

◎2018/1/25

費用を左右する要因は何?
の情報を更新しました。

◎2017/10/25

ロッカー型納骨堂の供養方法
の情報を更新しました。

◎2017/8/31

仏壇型納骨堂の基礎知識
の情報を更新しました。

◎2017/7/31

サイトを公開しました

「納骨堂」
に関連するツイート
Twitter

マクシム、いや、一代目クィアランはおそらく、春になるたびに学園に戻ってきては、彼が手に入れた宝を学園に隠していたのだろう。海賊が洞窟に宝を隠すようにね。紫の本もその一つだ。しかし隠す前に、紫の本ごと納骨堂に閉じこめられたのだろうよ。まぁ、想像の域を出ないがね

Twitterヴィクトリカ・ド・ブロワ@victorique_bot

返信 リツイート 12:00

父のいる納骨堂着。この中に父は骨は眠っている。でも魂は我が家にいる母の遺骨につきっきり。 pic.twitter.com/3SpWtFnCqU

Twitter童夢☆彡(プロフ必読)@child_dreamer

返信 リツイート1 11:53

返信先:@rihoko_motoo 納骨堂あと6個! つまり・・・12体×6=72体 72×10=720ニンジン! pic.twitter.com/LZJZAriRi4

夢で半年ぶりにじーちゃんに会えた☺️見た瞬間泣き崩れる私www どんだけ大好きなの(笑) この間納骨堂行けたけかな🥰

RT @zz_saba: 元ネトゲの世界にどっぷり漬かってた人間が、現実世界で幻想的な風景を求めて異国を歩く #Distantworlds_sb の第5弾、チェコ編の通販開始です。セドレツ納骨堂、幽霊教会、錬金術師の部屋、ユダヤのシナゴーグ等今回も厨二心にグッと来る風景を収録。…

理解できなのは…… 実は、その親戚は、叔母の家系なので、僕の家の直系にはならないのだけど…… 今回、父が亡くなったことで納骨堂を解約した。 そのときに、納骨堂を譲ってくれと迫られ納骨堂を渡した(引継ぎという形になったので、再契約の必要なし)……

僕自体も父の墓を守るつもりもないし、散骨で永代供養を頼もうとお骨は自宅保管しているのだけど…… その叔母の家系は、高齢の叔母と還暦が近い息子しかいないのだ…… 単純に納骨堂を渡しても、後継ぎができる気配はないのに…… なぜ、墓が欲しいのだろうか?

父の遺骨は、以前ご縁があった三浦半島のお寺さんの納骨堂に入れてもらえる事となった。今現在、生母の遺骨がある場所。父本人は、樹木葬だ海洋散骨だ合祀墓だと色々言ってたけど…まぁどれでも良かったんだろう。最期に古女房の元へ戻る事になったのは、そーゆー縁だったんだろうな…

女性セブン今週号に、桜木紫乃さんが『いまどきの納骨堂』を書評してくださった。まるで桜木さんの一編のような味わいが凝縮。感動です。 pic.twitter.com/iis57YjbVV

RT @RollyBocchan: 高校時代のバンド「猟奇納骨堂」はコンディショングリーンのラブオブマネーと沖縄民謡のてぃんさぐぬ花を合体した様な音楽を黒頭巾を被って演奏していた。この黒塗りのKKK団の様な衣装はシルバースターズからのアイデア!そんな僕が、明日、山本恭司氏とシン…

Twitterヴァレンタイン@LAZY_SUBMARINE

返信 リツイート 0:44